教員紹介

貴田 潔

KIDA, Kiyoshi

社会学科歴史文化コース・准教授

adress


2012年3月 九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程修了


2012年3月 博士(比較社会文化) 九州大学

  • 日本史概論
  • 日本中世文化史
  • 日本史概説
  • 日本史基礎演習Ⅱ
  • 古文書実習Ⅱ
  • 歴史学の世界


日本中世史(Japanese Medieval History)

  • 『筑後国水田荘故地調査報告書』史料編 編著 服部英雄研究室・花書院 2014年
  • 佐賀・筑後平野の諸荘園と荘鎮守社 単著 ヒストリア215号 2009年
  • 在地の寄進・売買からみた未認可〈免田〉の創出―一四世紀の肥前国光浄寺〈免田〉寺領を素材として― 古文書研究68 号   2010年
  • 地方寺社の存立と地域社会への結合―肥前国鎮守河上社の僧侶・神官たちを中心に― 単著 歴史学研究864号 2010年
  • 環有明海地域における海辺寺院の存立―肥前国藤津荘故地にみる竹崎島と観世音寺の関係から― 単著 民衆史研究87号 2014年

昨年度までの研究業績一覧はこちら→


日本学術振興会特別研究員(PD) 2012年4月-2015年3月

  • 大阪歴史学会
  • 九州史学研究会
  • 日本古文書学会
  • 民衆史研究会
  • 歴史学研究会

  • 九州史学研究会委員   (2005年4月-2009年10月)
  • 九州史学研究会編集委員 (2008年10月-2009年10月)
  • 九州史学研究会事務局長 (2008年10月-2009年10月)
  • 長崎県立大学非常勤講師 (2011年11月-2014年11月)


地域社会論を中心に日本中世史を研究しています。現在の関心としては、文献史料の読解と聞き書きの成果を複合させつつ、前近代の村落景観を復原するフィールドワークの方法論を模索しています。これまでは福岡、佐賀など九州北部をフィールドとしてきました。これからは静岡を中心に東海地方の地域史にも取り組んでいきたいと考えています。ただ机の上で史料を読むだけでなく、自分たちの足で現地を歩き、目の前の風景を見、地域の暮らしを知る古老の方々から話を聞くことも大切です。地名や水利など村落の記憶を記録しながら、私たちの社会の歴史を描いていこうと思っています。