平成28年2月27日(土) 国際シンポジウム 中国文化大革命と国際社会 ―50年後の省察と展望―

国際シンポジウム
中国文化大革命と国際社会
―50年後の省察と展望―

開催日 平成28年2月27日(土)
時 間   10:00~17:00
場 所   東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター
1F国際会議室(東京都港区芝浦3-3-6)

大野旭=楊海英(静岡大学)
「主旨説明: なぜいま、中国文化大革命と世界との関係について考えるのか」
加々美光行(愛知大学)
「基調講演: 鳴動する世界と中国イスラム――ウイグル問題をめぐって」
ハラバル(哈日巴拉 中国上海大学准教授)
「整肃烏蘭夫・挖粛“内人党”案的歴史背景、動因和决策過程和研究」
細谷広美(成蹊大学)
「アンデスの毛沢東――先住民、プロレタリアート、農民」
馬場公彦(岩波書店)
「孤立した国の世界革命――インドネシア930事件の失敗から文化大革命へ」
ウスビ・サコ(京都精華大学)
「文化大革命期における中国援助とアフリカ外交の役割」
上利博規(静岡大学)
「フランスにおけるマオイスムは誤解だったのか?――コミューンの起源と行方をめぐって」
福岡愛子(社会学者・翻訳家)
「文化大革命以後の文化の政治」
谷川真一(神戸大学)
「欧米の『社会科学』と文化大革命研究」

コメンテーター:劉燕子(関西学院大学) ハスチムガ(宇都宮大学)
ポスターはこちら
お問い合わせ先: jrnc@ipc.shizuoka.ac.jp
★東京工業大学芝浦キャンパス(東京都港区芝浦3-3-6)へのアクセスを入れてください。
★使用言語:日本語