hss のすべての投稿

10月14日 公開シンポジウム  認知症新時代 その人らしく生きられる社会へ向けて

10月14日に公開シンポジウム「 認知症新時代 その人らしく生きられる社会へ向けて」を開催いたします。
ふるってご参加ください。

flier2017

日時 2017年10月14日(土)14:00~17:00(開13:30)
場所 グランシップ10階会議室(1001-1)
   JR東静岡駅南口より徒歩3分
   http://www.granship.or.jp/parking/

申込み 以下のURLよりお申し込み下さい。
    定員(100名)に達し次第、締切とさせていただきます。
    https://goo.gl/d9H9Ti

参加費 無料

プログラム

開会挨拶 松田純(静岡大学大学院人文社会科学研究科特任教授)
主旨説明 堂囿俊彦(静岡大学人文社会科学部准教授)
提題  坂元眞由美(園田学園女子大学人間健康学部教授)
    「認知症の人と社会をつなげる」
    三浦靖彦(東京慈恵会医科大学附属柏病院総合診療部部長)
    「認知症の人に対する意思決定支援」
    坂井明弘(株式会社Sakai&Sons取締役)
    「認知症の人のスピリチュアルペイン」
コメント 認知症当事者の方
総合討論 司会進行 堂囿俊彦
          天野ゆかり(静岡県立大学短期大学部助教)
閉会挨拶 宮下修一(中央大学大学院法務研究科教授)

主催 静岡大学
後援 生命・医療倫理研究会
   静岡県
   静岡市
   静岡県医師会
   静岡県看護協会
   静岡県介護福祉士会
   特定非営利活動法人ヒューマン・ケア支援機構

問合せ
dementia.symposium@gmail.com

言語文化学科 渡邊英理准教授が2017熊野大学夏期セミナー「南方熊楠と中上健次を探る」に登壇、対談を行いました

言語文化学科 渡邊英理准教授が2017熊野大学夏期セミナー「南方熊楠と中上健次を探る」に登壇、対談を行いました。

flier2017(1)

 

flier2017(2)

 
なお、当日の模様は、以下のメディアに掲載されました。
 
「熊野新聞」8月8日 第一面
http://kumanoshimbun.com/press/cgi-bin/userinterface/searchpage.cgi?target=201708080101

 
「紀南新聞」8月8日 第二面

南方熊楠、中上健次を学ぶ熊野大学夏期セミナー

平成29年度 人文社会科学部・人文社会科学研究科奨学金授与式を開催しました

平成29年7月27日(木)に、平成29年度静岡大学人文社会科学部・静岡大学大学院人文社会科学研究科奨学金授与式を開催いたしました。

 

授与式

 

本奨学金は、静岡大学人文社会科学部の卒業生の寄付により設立された静岡大学人文社会科学部・静岡大学大学院人文社会科学研究科独自の奨学金制度です。

本奨学金制度は、人文社会科学部学生及び人文社会科学研究科大学院生が申請できる制度であり、「学業成績が優れ、経済的理由により修学困難な学生」又は「学業成績が特に優れた学生」に対し奨学金を給付することで、一層の勉学の奨励を図ることを目的としています。

 

今年度は、学部生3名、大学院生1名が奨学金受給者に採用されました。

 

式典では、日詰一幸人文社会科学研究科長から、目録が手渡されたうえで、ねぎらいと激励のメッセージが伝えられました。今後の益々の活躍が期待されます。

 

授与式2

言語文化学科 渡邊英理准教授が日本国際文化学会第16回全国大会のシンポジウムで講演を行いました

言語文化学科 渡邊英理准教授がケネス・ルオフ氏(大佛次郎賞)、乗松優氏(大平大平正芳記念賞)と日本国際文化学会第16回全国大会(2017年7月8日(土)・9日(日))シンポジウム「<1940年>を起点に考える<2020年>の越え方」に登壇、講演を行いました。
 
ポスター

 
また宮崎日日新聞に当日の模様が紹介されました。(宮崎日日新聞 「本県の文化的特徴解説」平成29年7月9日付 第3社会面 掲載)
 
新聞記事

言語文化学科 渡邊英理准教授がアイオワ大学International Writing Program50周年記念会議にて招待講演を行いました

言語文化学科 渡邊英理准教授が、アイオワ大学International Writing Programの50周年記念会議(2017年4月17日〜20日)に、詩人の吉増剛造氏、フォレスト・ガンダ氏、作家の中上紀氏らと参加し招待講演を行いました。
 
ポスター

塩谷敬名誉教授、フランス芸術・文化勲章受章

人文社会科学部の塩谷敬(しおのや けい)名誉教授(専門:フランス演劇)が、フランスの「芸術・文化勲章シュヴァリエ」を受章しました。

この勲章は「芸術、文学の領域での創造もしくはフランスや世界でこれらの普及に功績があった人物」にフランス文化省の主導で授与されるものです。

 

 

授与式は2017年6月2日、同勲章の推薦者であるジャック・ラング元文化大臣が現在理事長を務める「アラブ世界研究所」で、日本大使館参事官及びユネスコ日本代表部の奈良公使他約50名が列席の中、和やかな雰囲気の中で執り行われました。

 

7月15日13:30~ 第3回地歴教員養成講座開催のお知らせ

*今回はいつもと場所が異なります(共通L棟実習室1)のでご注意ください。

また、教室準備のために事前に参加者名簿を作成いたします。

参加ご希望の方は、7月7日までに、

 お名前とよみがな(フルネームで)およびご所属を、

 担当の藤井までお知らせください(http://www.hss.shizuoka.ac.jp/about/staffs_soci/fujii/)。

7/22(土),23(日) H29夏季オープンキャンパス開催のご案内(申し込みを終了しました)

夏季オープンキャンパスを下記日程にて開催します。
受験生・保護者の皆さまのご参加をお待ちしております。

 

<タイムスケジュール>
☆H29/7/22(土)  社会学科・言語学科
☆H29/7/23(日)  法学科・経済学科 ※(午前:昼間コース、午後:夜間主コース)

 

<参加申込>
お申込はこちらから ←7/3 AM9:00開始予定
※申込必須 お電話でのお申込は受け付けておりません。

 

<会場までのアクセス>
静岡キャンパスまで
会場案内図
※学科毎会場が異なりますのでご注意ください
※※大学及び大学周辺に駐車場はございません。公共交通機関でお越しください。

10⽉9⽇(⽉・祝) 映画「さとにきたらええやん」上映とトークイベントのご案内

10⽉9⽇(⽉・祝) 映画「さとにきたらええやん」上映とトークイベントを開催いたします。
 
この映画は、大阪市西成区釜ヶ崎“日雇い労働者の街”と呼ばれてきた地で38年にわたり活動を続ける「こどもの里」を舞台にしたドキュメンタリー映画です。
 
第二部にて、「さとにきたらええやん」の上映とトークイベントを行います。トークイベントでは「こどもの里」館長・荘保共子さん、本学学生や教員他、静岡で活動する方々が参加いたします。
 
・申込 :必須 申込みはこちら
・参加費:無料
・その他詳細は開催ポスターをご覧ください
 
ポスター1
ポスター2
 
皆さまのお申込をお待ちしております。
 
主催: 静岡⼤学⼈⽂社会科学部
共催:(公財)静岡県⽂化財団・ふじのくに⽂化情報センター
後援: NPO法⼈サンフォレスト、シングルペアレント101、
社会福祉法⼈デンマーク牧場福祉会、⾃⽴援助ホーム こど
もの家、しずおかキッズカフェ、静岡市⾥親会、静岡⼤学⼤
学院臨床⼈間科学専攻、認定NPO法⼈フードバンクふ
じのくに、NPO法⼈POLOLO、社会的養護における権利擁
護に関する勉強会
企画・運営・問い合わせ:
静岡⼤学⽩井千晶 shirai.chiaki@shizuoka.ac.jp

6月22日(木)開催 海外渡航危機管理ガイダンスのご案内

6月22日(木)14:30から静岡キャンパス共通教育A棟403教室にて、国際交流センター主催の「海外渡航危機管理ガイダンス」を開催いたします。交換留学予定者や今後留学・旅行を検討している学生および教職員が対象です。
ぜひご参加ください。

開催日:2017年6月22日(木)
時 間:14:30~15:45 ※交換留学予定者は終了後に別のプログラムあり
場 所:静岡キャンパス 共通教育L棟403教室
対 象:交換留学予定者、今後留学・旅行を検討している学生および教職員
申 込:不要

海外渡航危機管理ガイダンス

8月22日(火)開催 静岡大学公開講座「中高生のための心理学入門」のご案内

8月22日(火)9:30~12:30、静岡大学静岡キャンパス人文社会科学部E棟201教室にて、静岡大学公開講座「中高生のための心理学入門」を開講します。心理学という学問や心理学を活かした仕事について、静岡大学の教員が簡単な実験なども交えながらお話しします。ふるってご参加ください。

開催日:2017年8月22日(火)
時 間:9:30~12:30
場 所:静岡大学静岡キャンパス 人文社会科学部E棟201教室
対 象:中学生・高校生
定 員:50名(先着順)
参加費:無料
申込・問合せ先:下記の添付ポスターの詳細をご参照ください。

中高生のための心理学入門ポスター