hss のすべての投稿

7月26日(木) 人文奨学金授与式を開催いたしました

平成30年度静岡大学人文社会科学部・静岡大学大学院人文社会科学研究科奨学金授与式を開催いたしました。

 

授与式

 

本奨学金は、静岡大学人文社会科学部の卒業生の寄付により設立された人文社会科学部・研究科独自の奨学金制度です。
本奨学金制度は、人文社会科学部学生及び人文社会科学研究科大学院生が申請できる制度であり、「学業成績が優れ、経済的理由により修学困難な学生」又は「学業成績が特に優れた学生」に対し奨学金を給付することで、一層の勉学の奨励を図ることを目的としています。

 

今年度は、学部生5名、大学院生1名が奨学金受給者に採用されました。

 

式典では、日詰一幸人文社会科学部長から、目録が手渡されたうえで、ねぎらいと激励のメッセージが伝えられました。今後の益々の活躍が期待されます。

 

7月26日(木) 16:00− 第3回経済研究会開催のお知らせ

下記のとおり「第3回経済研究会」を開催いたします。
参加は自由(事前申込不要)ですので、ふるってご参加ください。

報告者:田島慶吾氏
論題:アダム・スミス『道徳感情論」における社会規範ー同感と観察者ー
日時:7月26日(木)、16:00−17:30
場所:共通教育L棟4階 経済学科会議室

7/21(土),22日(日) H30夏季オープンキャンパス開催のご案内(申込開始しました)

夏季オープンキャンパスを下記日程にて開催いたします。
受験生・保護者の皆さまのご参加をお待ちしております。

 

<タイムスケジュール>
☆H30/7/21(土)  社会学科・言語学科
☆H30/7/22(日)  法学科・経済学科 ※(午前:昼間コース、午後:夜間主コース)

 

<参加申込>
お申込はこちらから
※申込必須 お電話でのお申込は受け付けておりません。同伴者様の申込も必要です。

 

<会場までのアクセス>
静岡キャンパスまで
会場までの案内図
※学科毎会場が異なりますのでご注意ください
※※大学及び大学周辺に駐車場はございません。公共交通機関でお越しください。

【お詫びとご案内】研究科説明会配布物「募集要項」内の同封物の漏れについて

6月17日(日)研究科説明会にて募集要項を受け取られた皆さま
 
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
17日(日)研究科説明会にて配布いたしました募集要項について、「検定料振込用紙」および「受験票等送付封筒」の添付が漏れており、誠に申し訳ございませんでした。お詫び申し上げますとともに、当該書類をご入用の方は、下記のとおり本学部メールアドレス宛にご一報くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
 
【宛先】jinbunkoho@adb.shizuoka.ac.jp
【件名】研究科募集要項の不足書類請求
【本文】氏名・送付先住所、連絡先の情報をご記入ください。
 
問い合わせ先
静岡大学人文社会科学部学務係
〒422-8529 静岡市駿河区大谷836
TEL:054-238-4485(ダイヤルイン)

6月28日(木) 2018年度第1回経済研究会のお知らせ

2018年度 第1回経済研究会のお知らせ
報告者:松原仁美氏
論題:フランスの反排除政策をめぐる政策論争ー支援付き雇用を中心にー
日時:6月28日(木)、16:00-17:30
場所:経済学科会議室(共通教育L棟4F)

参加は自由です。お気軽に参加ください。

H30年度人文社会科学部成績優秀者表彰式が開催されました。

5月17日(木)に、人文社会科学部で優秀な成績を修めた学生の表彰式が行なわれました。
 
本学部の成績優秀者表彰制度は、1、2年生の2年間に優れた成績を修めた学生(3年生)を表彰する制度です。毎年、社会学科、言語文化学科、法学科、経済学科の四つの学科について、それぞれ最優秀者1名、優秀者2名を表彰し、夜間主コースについては、法学科、経済学科の最優秀者1名ずつを表彰します。
 
今年の式典では、日詰一幸人文社会科学部長から、一人一人に表彰状と記念品が手渡されたうえで、ねぎらいと激励のメッセージが伝えられました。今後の益々の活躍が期待されます。
 

アレクサンドル・イワン・クザ大学(大学間協定校)のBogdan G. Zugravu准教授の講義が実施されました

大学間協定校アレクサンドル・イワン・クザ大学(ルーマニア)との教員交流プログラムにて、Bogdan Gabriel ZUGRAVU准教授(経済経営学部)をお招きしました。
Bogdan G. Zugravu准教授には、学生教員向けに以下の4つの講義を実施していただきました。
 
1. Internationalization at Faculty of Economics and Business Administration, beyond facts and figures: 「クザ大学経済経営学部の国際化」
2. The Quest for a Better Income Tax: 「より良い所得税を求めて,ルーマニアにおけるフラット・タックスの経験から」
3. Romania–EU–Japan Economic Relations: 「ルーマニア,EU,日本の経済関係」
4. Local Public Finance and Regional Development, The case of Romania and Iasi City: 「地方財政と地域開発,ルーマニアとヤシ市のケースより」
受入担当教員:安藤研一(人文社会科学部経済学科教授)
 
写真1 写真2