経済学科のカリキュラム(全体像)

経済学は、幅広い知識と深い問題意識が必要な学問だといわれています。経済学科では、従来より総合的・体系的カリキュラムを用意してきました。21世紀の経済社会の国際化の進展、激動する現代経済に対応した人材を育成するために、「理論と情報」、「経済と政策」、「企業と経済」の3つの領域を軸に、多彩な専門教育科目を備え、深い専門知識の習得を追求してきました。

4年間ー貫のゼミナール

 経済学科の最大の特徴は、経済学・経営学の幅広い講義と平行して、4年間一貫して少人数教育を実現していることです。1年次から4年次まで、成長に合わせて着実に能力を培う以下のようなゼミナールが行われます。
 1年次の「新入生セミナー」(前期)は、学生数15名程度のクラスで、それぞれの学生に個別に対応した転換期教育や大学での学び方を習得することができます。「社会科学基礎演習」(後期)は、学生20名ほどのクラスで、討論等を通じて自らの課題を発見し、それを解決する力を養います。
 2年次にはゼミを選択し、各分野の研究を進めます。「経済学演習I・II」「卒業演習」(2~4年次)では、学生が関心を持ち専門知識を身につけようとする領域について、それを専門とする教員の下で一貫して学ぶことができます。1学年10名程度で構成されるクラスで、ゼミ生同士の活発な討論と各自の自発的な研究・報告が行われます。2・3年次には単位論文をまとめ、4年
次には卒業演習を通じて学生生活の総まとめとして「卒業論文」を作成します。各ゼミでは、ゼミ活動を通じて学生同士、学生と教師との人間的な交流、他大学ゼミとの交流が深まり、学生生活で最も充実した時間を過ごすことができます。

国際化・情報化に対応した少人数教育

 経済学科では、ゼミナールの他に経済社会の国際化・情報化に対応した少人数教育を行っています。「経済英語」は、少人数クラスで外国語の経済書を用いて経済学を学び、語学力の養成とインターナショナルな能力の習得を目指します。また、社会の必須条件となりつつあるパソコンによる情報処理を少人数の実習形式でマスターできる「情報処理」(1年次)、「経済情報処理」(1年次)が用意されています。

キャリア形成に役立つカリキュラム

 経済学科のカリキュラムは、基礎的な内容から専門的内容へと講義内容が体系的に組まれており、また様々な目標に沿った履修モデルが提供されることで、皆さんのキャリア形成に大いに役立つものとなっています。

企業の経済活動、とりわけ経営活動や雇用や労働、企業金利に関する問題、企業のグローバルな経済活動、企業会計に関する問題に関心がある方
 1年次に入門科目「企業経済論」で企業活動に関する基本的知識を得つつ、企業活動を財務的に見る視点を養う「簿記 I 」「簿記 II 」をお勧めします。そして2年次には「経営学 I 」「経営学 II 」「会計学 I 」「会計学 II 」で経営学及び会計学に関する更なる知識を身に付けましょう。このような基礎的学習の上に、3・4年次にはより高度で専門的な科目で知識を深めることができます。例えば、企業のグローバルな経済活動に興味のある方は「世界経済論」「アジア経済論」を、また会計分野に興味のある方は「税務会計論」「管理会計論」を受講することをお勧めします。

自分が生まれ育った地域社会・経済について学びたい、そして将来、地域社会の発展に貢献したと考えている方
 1年次には入門科目「経済と政策入門」で日本社会並びに地域社会の課題、地方財政や地域政策の基礎を学びましょう。2年次には「経済政策 I 」「経済政策 II 」や「日本経済論」で日本における地域経済の現状を政策的・歴史的視点でより多角的に学びましょう。3年次に「地域政策 I 」「地域政策 II 」「地方財政論 I 」「地方財政論 II 」「地域金融論」「都市政策」「環境政策」などでより幅広くかつ専門的な知識を深めましょう。また「世界経済論」「アジア経済論」でグローバル化の中の地域経済といったより広い視点から地域経済の方向性を学びましょう。

4年一貫教育の学びのイメージ

1年生前期:フレッシュマンセミナー  定員15名ほど

 スムーズに大学の学びや生活に移行してもらうため、キャリア形成、健康と安全などの講習会や図書館の使い方、レジメ・レポートの書き方など大学での学び方のイロハを学びます。

1年生後期:社会科学基礎ゼミナール 定員20名ほど

2年生からの専門ゼミに備えて、本を読みながら、そのまとめ方、レジメの作成、プレゼンテーション、討議など大学の学びの基礎を学びます。

2年~3年生 専門ゼミ      定員10名ほど

 社会が求める問題発見・課題設定・課題解決の能力をゼミごとのテーマ研究を通じて身に付けます。文献学習から実地調査、そして発表・討議・・大学なの学びのエッセンスがここにあります。
専門課題の探求 : ゼミ内での学習
フィールドワーク
ゼミ合宿・インゼミ参加

成果発表会&学生用雑誌『経済論集』で論文発表
        学生成果発表会

4年生  卒業研究

 卒論執筆は卒業の必修科目です。2万字を超える長文の論文作成は確実に論理的思考力と表現力を鍛えます。
 卒論口頭試問 卒論の発表、そして教員からの厳しい質問に耐えて卒論合格をゲット、これが最後の関門です。