ゼミ紹介

経済学科では4年一貫の小人数教育に力を入れていますが、その中心が2年生から所属するゼミ(経済学演習)です。経済学演習では、学生は多彩なテーマに取組んでいる教員(ゼミ)を選択して、その指導のもと4年の卒業作成まで一貫して学ぶことができます。
(ゼミ名をクリックすると学生のゼミ紹介が表示されます。)

[理論と情報領域]

ゼミ名 担当教員名

経済統計学

私たち経済統計学ゼミは現在、ダーウィン・ワトソン検定やLM分析、主成分分析などを通して日常にあふれるさまざまな統計データが有意なものであるかどうかをソフトを使って研究しています。
去年までは、マーケティングリサーチの一環としてアンケート調査などフィールドワークもありました。上藤先生は統計学の歴史に詳しいらしいので、統計手法が生まれた歴史的背景など面白い話も時々あります。
統計学は、社会や経済に起きている変化を数値として敏感にとらえられる学問ですが、それだけにとどまらず確率や金融などその分野は多岐にわたります。
因みに上藤先生はお酒とおしゃべりが大好きです。静岡にいらっしゃったばかりなので何かと方向音痴ではありますが、ゼミ生は温かく見守っています。

上藤 一郎

国際経済学

私たちのゼミは担当教員の鐵先生の下で、国際経済学を学んでいます。
私達の代では、一学年しかいないため、ゼミの人数はとても少ないのですが、その分自分たちの調べたいことを即授業で取り扱うことが出来ます。希望者の中では、海外にも夏休みなどを利用して調査しに行くことも可能です。外国の経済に興味のある方にはぴったりのゼミです。

鐵 和弘
理論経済学 山下 隆之
ゼミ名 担当教員名
経済情報論 石橋 太郎
計量経済学 高瀬 浩二
理論経済学 村田 慶
空間経済学 中川 訓範

[企業と経済領域]

ゼミ名 担当教員名

税務会計論

私たちのゼミでは、担当教員の意思で、生徒たちの自主性を重視しているために、ゼミ内で行うことを生徒が中心となって考え、行っています。とまどうこともたくさんありますが、ゼミ内で協力し合い頑張っています。税務関係に興味がある方にお勧めだと思います。ゼミの仲もよく、少しばかり男子の勢いが弱いゼミであるけれども、担当教員と生徒で楽しい雰囲気を作っています。

永田 守男

経営分析論

こんにちわ(*^^)v石川ゼミです☆私たちは4年生10人、3年生10人(うち一名はカナダに留学中)、2年生10人、そして我らがアイドル石川先生☆の計31人で日々ゼミ活動に励んでいます。授業は学年別に行っていますが、先輩後輩に関係なく皆とても仲良しです。ゼミのメンバーの特徴は・・・Cool&High!! 授業中はみんな真剣です。特に2年生はすごい!!!廊下にいても教室内の会話が一切聞こえないくらい無駄話がないです。一方、場所が変わってゼミの親睦会(単なる飲み会っす)ともなると皆一変・・・テンションぶち上げ!!!!みんなお酒強いね、私ついていけない・・・先生すごいわ・・・カルピスおいしいな・・・こんな状況です。また、夏季ゼミ合宿も開催☆去年は箱根で今年は奥浜名湖へ行きます。バーベキューしたり泳いだり飲んだり、楽しいだろうな。勉強は・・・するのかな?とにかく楽しいゼミです!!!
勉強内容に関してまだ触れていませんでした(-.-)2年生のうちは会計の基礎を学びます。1年生の時に簿記をやりますが、その復習も兼ねた授業です。1年かけて1冊のテキストをみっちりやります!!みんな予習やってるよね!?
3年生は本格的に経営分析をやっています。冬季にゼミの研究発表会があるため、それに向けてテーマを決め、その中で様々な研究をしています。
授業、課外活動のどちらをとっても満足できるのが私たち石川ゼミの特徴です。ゼミ選びで迷っているそこの君!!!要チェックですよ(^^♪ 以上で石川ゼミの紹介を終わります。

石川 文子

世界経済論

世界経済論ゼミでは、情報技術の発展によってますます進展するグローバル化によって国境を越えて社会、文化、人間の交流が活発になる中、経済にはどのような影響があるのかを世界的な視野でとらえ学習しています。そしてその経緯や問題点などを生徒同士で議論することで、知識を深めると同時に自らの考える力を養っています。

安藤 研一
政治経済学 田島 慶吾
ゼミ名 担当教員名

経営学

私たち経営学ゼミは大脇教員のもと生徒を含め12人で活動を行っています。これまでのゼミでは経営学の基礎となる事業戦略論や企業戦略論をポーターやバーニーの理論より学んできました。他にも個々の学年終了時の単位論文や卒業論文の内容を皆で議論し、検討することによって知識を共有し、お互いを高めあっています。昨年のゼミ共同研究では、ビール業界を例に挙げ、これまでの授業で扱ったツールを駆使し、業界の研究、分析、ビール会社4社の比較、検討から麒麟麦酒の業界における競争優位を明らかにしました。経営学と一言でいっても非常に範囲が広いです。その中で私たちは一人ひとりやりがいと目的を持ち、ゼミ活動へ取り組んでいます。経済学科の中でも有数の厳しいゼミであるとは思いますが、授業以外でも一緒にサッカーをしたり、食事をしたり楽しい雰囲気です。

大脇 史恵

経営情報論

私たち経営情報論ゼミでは、3年次の12月に日本学生経済ゼミナール大会に参加します。
大会に向けて、論文のテーマ設定や執筆、相手論文の分析などを夏休みに合宿を行いながら1年近くかけて準備します。
この準備や大会での討論を通して、多くのことを学ぶことができます。
ちなみに、この論文を手に臨んだ「第4回経済学科学生研究成果報告会」では準優勝しました。

伊東 暁人
アジア経済論 朴 根好
マーケティング 鈴木 拓也
観光経営論 狩野 美知子

[経済と政策領域]

ゼミ名 担当教員名

公共政策

私たちのゼミはみんな仲が良く、とても良い雰囲気で学習を進めています。
私たち3年生は、今、共同論文に向けて、一つのテーマを決めて学習を進めています。今は研究したいテーマについて基礎的な知識を教科書から学んでいます。一人一人が真剣に学習しています。勉強は色々と難しいところがありますが、先生に手伝ってもらったり、ゼミの仲間と協力しあったりして頑張っていきたいです。

高倉 博樹
環境政策 水谷 洋一
社会経済論 遠山 弘徳
財政学 高松 慶裕
ゼミ名 担当教員名
経済政策 寺村 泰

地域政策

地域政策ゼミでは、地域で生じている問題を広く視野に入れながら、「持続可能な地域」を実現するための政策やそれを実現するための条件について考え、学んでいます。問題へのアプローチは、地域経済、地方財政、地域社会など広く設定するとともに、学内にとどまらず、実際に現場に出て考えます。また、他ゼミとの交流も行っています。学んだ成果を学外のゼミとの合同ゼミで報告したり、学内のゼミと交流の機会を設けています。楽しいゼミです。

太田 隆之

地方財政論

私たち川瀬ゼミでは地方財政論を学んでいます。毎回の授業の内容としては、教科書の内容を順番にプレゼンテーションを行います。その後、その内容について討論を行っています。また、年に一回、金沢大学と岐阜大学と合同で交歓ゼミを開催しています。それに向けて、三年生全員で共同論文を作成します。ちなみに、最近では、熱海市の観光再生、浜松市の地域防災力などのテーマを取り上げています。授業では、川瀬先生が適切にアドバイスをしてくださいますし、学生たちも学びやすい雰囲気で進められています。また、交歓ゼミでは、共同論文を作成するので、必然的にみんな仲良くなり、団結していきます。

川瀬 憲子
国際金融論 鳥畑 與一

ゼミって何しているの? 公共政策ゼミの紹介

年金や医療など社会保障分野における第一線の教科書を検討した上で、テーマを定めて論文を執筆、発表会等で深めています。卒業論文のテーマは、社会保障はもとより少子化、高齢化と年金問題、労働時間の短縮、女性労働と多彩です。こうした作業を通じて学生の視野が拡がって行きます。

ゼミ活動の紹介
フィールドワーク
ゼミの学びの魅力は、学んだことを踏まえたフィールドワークです。各ゼミが個別または共同で様々な活動に取組んでいます。

その一例を紹介すると
①地元サッカーチーム・清水エスパルスの地域密着の取組みの調査
②非営利の金融活動に取組む金融NPO・東京パワーバンクを訪問、そして証券取引所訪問。

ゼミって何するの? 地方財政論ゼミの紹介

フィールドワーク教育に重点を置き、地域調査を重ねて共同論文を作成するのが中心です。その成果を報告書にまとめ、金沢大学、岐阜大学との合同ゼミナール(合宿)で発表しています。コンパクトシティ論、静岡空港問題、市町村合併問題、ゴミ問題など様々な課題に取組んできたゼミの活動は、日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞などにも紹介されました。

他大学との交流

経済統計学ゼミナールでは,多変量データ解析の応用研究を行っています。とくに,統計学の新しい考え方であるデータ・サイエンスの視点から,データ収集・データクリーニング・統計的分析・分析結果の解釈というデータ解析の各ステップを,実際のデータを用いて総合的に学ぶことを目的にしています。2009年度は,東京大学社会科学研究所付属社会研究情報センターにJGSS(日本版総合社会調査)の個票データの利用を申請し,これらのデータを用いて分析を行いました。具体的にはロジスティック回帰や数量化?類という方法を用いて,例えば「死刑制度に賛成する人・反対する人のタイプ」,「仕事に満足している人・していない人のタイプ」などについて判別を試みました。その成果は,経済学科のゼミ報告会や法政大学経済学部統計学ゼミナールとの合同発表会(写真)で公表されました。

学びの成果は

ゼミ共同論文の公表
『経済論集』 問題発見、課題探求・・ゼミでの学びの成果は学生論集『経済論集』に 掲載。ほぼすべてのゼミが投稿しています。

学生成果発表会
のべ3日間の学生研究成果発表会。予選・決勝と行われる発表会には、昼と夜合わせて40本がエントリー。その内容とテクニックの水準に教師も真っ青?

他流試合
日頃の学習の成果は、他大学との交流でも大いに発揮。全国的なインターゼミへの参加や他大学ゼミとの合同合宿も熱心に取組まれており、全国の学生との知的交流も活発です。