• ホーム
  • 学位・免許・資格・進路

学位・免許・資格・進路

臨床人間科学専攻

本専攻は、医療・保健・福祉・教育・行政・司法・産業・NPO活動などのさまざまな分野で、問題の社会的背景にも視野を広げつつ豊かなケアや援助を実践しうる高度専門職業人の育成を目指しています。これまで修了生は、地方自治体・医療・福祉の現場・相談施設・教育現場(教員・スクールカウンセラーなど)・警察や司法(家庭裁判所など)・各種団体・企業での対人援助・支援の専門職として、あるいは地域でのさまざまな活動をとおして活躍しています。

【学位・免許・資格】修了すると修士(臨床人間科学)の学位が授与されます。また、中学校社会・高校公民の専修免許課程に対応しています。臨床心理学コースは、(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士資格の養成課程に対応しています。さらに、ヒューマン・ケア学および共生社会学コースでは、専門社会調査士資格取得のプログラムが開設されています。

比較地域文化専攻

 本専攻は、人文科学分野の領域を学際的・総合的に研究することを通じて、現代社会のニーズに幅広く応えうる専門的な分析能力・応用能力を備えた職業人の育成をめざしています。修了後の進路は、国県市などの各種公務員、中学・高校の教員、文化財等の調査・保存担当職、家庭裁判所調査官、民間企業などがあります。

【学位・免許】本専攻を修了すると修士(文学)の学位が授与されます。また、中学校・高等学校教員の専修免許の機会を提供しています。

経済専攻

本専攻は、経済学分野を学際的・総合的に研究することによって、現代社会のニーズに幅広く応えうる高度な職業人を養成します。修了後の進路としては次のような職種が考えられます。研究者、各種公務員、国際公務員、公認会計士、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士、民間企業などに進みます。

【学位・免許】本専攻を修了すると修士(経済学)の学位が授与されます。また中学校・高等学校教員の専修免許の機会を提供しています。