教員紹介

浅野幸生

教授

専門は言語学・フランス語学です。主にフランス語の文法と歴史の研究をしていますが、最近ではブルボン朝時代の音楽にも興味を持っています。

安永 愛

教授

専門はフランスの詩人・思想家であるポール・ヴァレリー(1871ー1945)。遺されたヴァレリーの手記を読み解きつつ、自然や芸術、歴史や政治にまつわる問いかけについて考察しています。授業では、ヴァレリーをはじめ、ボードレール、ロラン・バルト、クンデラ、モディアノなどの近現代のフランスの文学作品を取り上げてきました。卒業論文の指導にあたっては、学生の多様な関心に応え、新たに勉強しつつ、論文完成まで伴走しています。

スティーヴ・コルベイ

大学教育センター 講師

専門は比較文学(フランス・日本)、表象文化論と翻訳論。現在、フランスのリベルタン(17・18世紀)とフランス文学の翻訳家と紹介者であった澁澤龍彦を研究しています。外国語としてフランス語を教える教育法にも強い関心を持っています。演劇・映画論も執筆しています。

*その他の今野喜和人、有富智世、竹本研史の各先生に本コースの授業を担当いただいています。

PAGE TOP