何を学ぶの?

時代と社会を読み解く能力を養う

私たちが生きているこの社会では、毎日いろいろな事件や出来事が起きています。殺人事件、大会社の倒産、介護保険の導入、公共事業の見直し、地球温暖化をめぐる国際交渉、民族紛争など、世界はめまぐるしく動いています。こうした国内・国外の動きの中で、私たちはどのような影響を受け、私たちの社会はどうなっていくのでしょうか。
法学科では、法律学と政治学の幅広い学習を通して、現代社会で生じるさまざまな事件や事象を読み解き、解決する力を養うことを、その教育の目標としています。平和の中で自由に幸福を追求するという、私たちひとりひとりが持っている権利を実現するために、何が障害となっているのか。こうした障害は法的に、政治的にどのように解決できるだろうか。4年間の学習を通じて、学生がこうした問いに答えを出すための知力を身につけることをめざしています。

模擬裁判

平成30年度で63回目を迎える模擬裁判実行委員会は歴史あるサークルです。活動目的は模擬裁判の公演で、大学祭では毎年公演を行います。また、公演がない時期は裁判劇で扱うテーマを皆で決めて、そのテーマに沿った勉強会を週に1回行っています。平成24年度は温情判決の是非をテーマとして活動しました。介護疲れから老母の同意のもとに息子が同意殺人を行うという行為につき、その評決に当たり、そこに温情的な考慮を入れるべきなのか、それは不公平なのではないかという議論を、裁判員・裁判官による評議の中で闘わせました。近年起きた同様の事件の裁判において、その事件の悲惨さ・親子の互いを思う気持ちから、法廷中の涙を誘ったと言われており、そこから「だからといって温情判決により軽い刑罰を科す事が正しいか?」という疑問が生まれ、疑問を追究していき、最終的に模擬裁判に仕上げました。模擬裁判実行委員会と聞いて、名前も長く難しそうで近寄りがたい雰囲気があるかもしれませんが、実際はそのようなことはありません。先輩後輩間の仲も良く、和気講々とした中で楽しく活動に励んでいます。法学科だけでなく他学部・他学科の方、裁判や法律に興味が少しでもある方、またそうでない方も歓迎いたしますので、ぜひ一度お越しください。部員一同お待ちしております。模擬裁判の様子については、“静岡大学模擬裁判website”をご覧ください。

インターンシップ体験談

今村祐介 さん

私は、2年生の夏休みに、掛川市役所と一般の農業系企業の2カ所でインターンシップを体験しました。それは、自身の進路として、公務員を希望していることもあり、行政の立場でできることと企業の立場でできることにはどのようなものがあるのか、どのような違いがあるのか、そして働くとはどういうことなのか、直接体験することで理解を深めたいと考えたからです。
今回のインターンシップには、それぞれ3日ずつ、計6日間参加させていただき、業務体験に加え、その説明や意義についての説明をしていただきました。掛川市役所では、現在どのような課題があり、その改善のためにどのような制度や施策がとられているのかを学び、企業では、日々の業務の大変さだけでなく、現在どのような課題があるのか、企業側からの行政に対する意見はどのようなものがあるのかを知る、とても充実した、有意義な機会となりました。
インターンシップへの参加を通じて、今後の自分の選択肢は広がりました。ただ漠然と公務員になりたいと考えるのではなく、実際の現場での仕事に触れ、職員の皆さんのお話を聞くことにより、行政には行政の、企業には企業の特性や利点があることがわかったからです。そして今回の経験によって、行政と企業の両方の職業体験ができただけでなく、広い視野と見聞を得ることもできました。この経験は、今後の自分の良い糧になると思います。