長期履修学生制度

大学院生向け

 職業を有している等の事情により、標準修業年限(修士課程では2年間)では大学院の課程を修了できないと考える学生に対し、本人からの申請に基づいて修士課程においては4年間以内の計画的な履修をあらかじめ認める制度です。
 本学では「長期にわたる教育課程の履修に関する規程」に基づき審査を行ない、許可された学生を「長期履修学生」といい、この制度を「長期履修学生制度」といいます。なお、審査の結果、認められない場合もあります。
 授業料の計算額については、標準修業年限に納める授業料の総額と同額を、長期履修学生として認められた在学期間に分割して納めることとなりますが、詳細は申し込み時に事務担当係へ確認してください。

学部学生向け(主として夜間主コース学生及び社会人入試による第3年次編入学生)

 職業を有している等の事情により、標準修業年限(4年間)〔第3年次編入学生は2年間〕では大学を卒業できないと考える学生に対し、本人からの申請に基づいて8年間以内〔第3年次編入学生は4年間以内〕の計画的な履修をあらかじめ認める制度です。
 本学では「長期にわたる教育課程の履修に関する規程」に基づき審査を行ない、許可された学生を「長期履修学生」といい、この制度を「長期履修学生制度」といいます。なお、審査の結果、認められない場合もあります。
 授業料の計算額については、標準修業年限に納める授業料の総額と同額を、長期履修学生として認められた在学期間に分割して納めることとなりますが、詳細は申し込み時に事務担当係へ確認してください。