訪問者別インデックス
入学希望の方へ
在学生の方へ
教育・研究機関の方へ
地域の方へ


教員公募

学内限定情報

静岡大学

イベント

Events >> 本物のアートが身近で見られる大学

2014/6/5

本物のアートが身近で見られる大学


 こんにちは。言語文化学科2年の宮城嶋遥加です。

 私は7月に静岡県湖西市で行われるSPAC(静岡県舞台芸術センター)の出張演劇公演「走れメロス」に出演します。
 SPACの専属俳優奥野晃士さんと津軽三味線奏者の松田隆行さん、超豪華なアーティストさんたちと共演させていただくんです!
 会場は湖西市の利木公会堂、1953年に建てられ昭和の香りが残る建物を地域の方々に改装していただいた素敵な空間です。
 私は静岡出身です。中高生の頃から劇場や演劇が大好きで、SPACの劇を観に行ったり、中高生向けの演劇公演に参加してました。今回もそのご縁で出演させていただけることになりました。
 静岡は、文化や芸術がとっても盛んな街です。静岡大学から自転車で行ける距離に、劇場や美術館、遺跡(登呂遺跡)があります。休みの日に友達と美術館に遊びに行ったり、劇場に行ったり、身近に本物のアートを楽しめる場所がたくさんあるんです!更に、そのような地域の文化施設と言語文化学科との連携授業もあり単に「みる」だけではなく、そこで働く人やお客さんたちと関わっていくこともできます。暖かく、自然豊かで地域の文化施設にこんなに恵まれた大学は他にないと思います!!

『走れメロス』の公演情報URLはこちらです↓ http://spac.or.jp/news/?p=10169

静岡から少し離れたところですが、 ぜひぜひ観にいらしてください。

7月5日(土) 第1部13:30~ 第2部17:30~ @湖西市利木公会堂 湖西市利木165 天竜浜名湖鉄道知波田駅下車徒歩10分
大人:3500円 小中高校生:2500円 チケット予約:053-575-3105
主催:湖西市利木de「SPAC」実行委員会