OB・OGからのメッセージ

ゼミで学んだこと

桜井寛之 さん
社会学科(歴史文化コース)
2010年卒業
(株)パナソニックシステムソリューションズジャパン勤務

私はメーカーの法人・公共関係の会社で働いています。初年度は講義や実地研修を含む研修期間となっており、現在はシステムエンジニアの部門で働きながらITの知識や交渉学などを学んでいます。まだまだわからないことばかりですが、学生時代に学んだことを土台にして日々頑張っています。
大学時代は北欧中世史を専攻していました。ゼミでは自分が勉強した内容をレジュメにまとめて先生とゼミ生の前で発表します。ここで学んだのは「資料をまとめること」と「人前で発表したこと」です。
ゼミでは限られた時間の中で、自分が何を学んでどう考えたのかを発表しなければなりません。特に私の所属していたゼミは欧語の文献を読んで発表しなければならないので、しっかりまとめて発表しなければ、長々と訳だけを話すことになってしまいます。こうしたことに注意して資料を作成した経験や、時間配分とわかりやすさを気にして発表をした経験は、自分の土台となり、現在の職場でも非常に役に立っていると感じています。

言語文化学科の魅力

後藤秀貴 さん
言語文化学科(欧米言語文化コース)
2012年卒業
大阪大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻在籍

 国際化、異文化理解などの単語が飛び交う現代、私達が今後の国際社会を生きる上で求められることは自他の文化、社会、言語等の正しい理解に加え、互いを尊重し合い、共存していこうとする態度や資質であると思います。言語文化学科では、こうした力を得るためのカリキュラムが整っています。私の所属していた欧米言語文化コースには外国語を用いたコミュニケーション力向上を図る授業から、文学作品を主体的に読み解く授業、言語の本質を探求する授業など、魅力的な授業がそろっていました。私は大学院試験と並行して教員採用試験を受験しましたがその際、四年間で得た語学力や言語、文化に関する知識、コミュニケーション能力が大いに役立ったように思われます。
 言語文化学科には丁寧な指導をして下さる先生方に加え、個性豊かな学生が多く集っています。皆さんもこの素晴らしい環境の下で大学生活を充実したものとしませんか。

静岡大学の魅力

小野寺由香 さん
法学科
2010年卒業
法務省名古屋保護観察所勤務

静岡大学の魅力は、自分が興味を持ったことについてとことん調べることができる環境であると思います。
法学科の授業はどれも興味深いですが、私はゼミ活動が一番充実していたように思います。蔵書が豊富で必要な資料がいつでも取り寄せられる図書館や、ゼミの先生からの様々な切り口からのアドバイスを十分に活用することで、納得のいく研究ができたと実感しています。
また、就職活動の際、公務員試験の勉強でわからない箇所が出た時に、お世話になった先生方に解説を求めることがよくありました。先生方は多忙であるにもかかわらず、懇切丁寧に対応して下さいました。一つ質問すると十以上解説して下さる親切な先生が多く、先生方に解説していただいたことは、理解と定着がスムーズだったように感じます。
このように、学ぶ意欲を全面的にサポートしてくれる静岡大学で、みなさんが充実した四年間を過ごされることを静大OGとして願っております。

たった一度きりの学生生活

木下 尭 さん
経済学科
2009年卒業
静岡中央銀行勤務

私は学生時代、経済学科のアジア経済論ゼミに所属し、過熱するアジア市場の研究をしました。その中で私が自分の将来の事を真剣に考え始めたのは、大学3年生の秋でした。学生時代に学んだ経済に関する知識を更に深め、活かして生きたいと考え、静岡中央銀行に就職する事を決めました。
銀行の仕事は非常に奥が深く、多くの知識や経験を積んでいく必要がある仕事だと感じています。新しい事をどんどん学び、自らの見える世界が広くなっていく事の素晴らしさを学んだ学生時代の経験が今の私のモチベーションとなっています。
学生時代は自由な時間が多くあります。だからこそ、新しい事に挑戦して、そこから新しい事を経験して欲しいと思います。学生時代の経験はきっとみなさんの人生をより美味しくするスパイスになると思います。