対人援助職の倫理的・法的対応力の育成

対人援助職の倫理的・法的対応力の育成 page 4/68

電子ブックを開く

このページは 対人援助職の倫理的・法的対応力の育成 の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
対人援助職の倫理的・法的対応力の育成

はじめに112教育改革推進プログラムの概要Ⅰ.臨床人間科学専攻の設置から本プログラム導入までⅡ.プログラムの概要1.倫理的・法的対応力を身につける2.総合的な実践的能力と実証的研究能力を身につける3.グローバル化するケアへの対応4.教育改革プログラム5.プログラム実施担当者教育改革の実績と成果Ⅰ.倫理的・法的対応力を身につける1.総合講義での取り組み2.教育効果の検証Ⅱ.総合的な実践的能力と実証的研究能力を身につける1.実習教育の重視2.調査能力の強化3.研究の倫理Ⅲ.多文化共生社会の実現に貢献できる力を身につける1.総合講義のなかで多文化共生の視点を学ぶ2.他の授業でも多文化共生社会の対人援助の課題に取り組む3.多文化共生臨床実習(臨床人間科学学外実習III)4.多文化共生の課題に関する学生の研究成果Ⅳ.評価法の確立と実施1.修士論文の執筆指導と審査2.授業科目の成績評価基準44445679101010152020272829293132333939422