対人援助職の倫理的・法的対応力の育成

対人援助職の倫理的・法的対応力の育成 page 61/68

電子ブックを開く

このページは 対人援助職の倫理的・法的対応力の育成 の電子ブックに掲載されている61ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
対人援助職の倫理的・法的対応力の育成

対人援助職の倫理的・法的対応力の育成多文化共生社会における臨床実践力と実証的研究能力の向上Ⅵ.研究・教育の実績1.修了生の進路(1)臨床心理学コースの修了生本プログラム期間中の平成21年度,22年度に臨床心理学コースを修了した学生の進路決定状況は,就職・進学を合わせて100%と良好である。17名が全国の様々の領域の対人援助に関わる職種に就き,1名が東京大学大学院総合文化研究科の研究生として研究職を志している。本プログラム期間中の修了生は,研究生となった1名を除き,日本臨床心理士会資格認定協会が実施している臨床心理士資格試験に全員合格した。進路先の分野別の内訳を下図に,主な就職先を右表に示す。医療,福祉領域がそれぞれ7名と大きな割合を占めている。医療領域では,単科の精神科病院,総合病院内の精神科,精神科クリニックに,それぞれ心理職として採用されている。福祉領域では,公的機関や社会福祉法人の心理職が多いが,区役所,社会福祉協議会に一般職として採用された者もいた。ただし,両職とも職務内容は地域住民の福祉支援に携わるものである。教育領域は3名であり,具体的には大学の学生相談や中学校のスクールカウンセラーであった。修士課程2年間という短い期間であったが,心理臨床のさまざまな技能と対人援助職としての倫理観を身に着けた高度専門職業人として,地域社会での活躍が期待される。(*平成23年度修了生の臨床心理士資格試験は24年10月に実施される。就職状況内定は3月に確定する)表臨床心理学コース修了生の主な就職先平成21年度(修了者11名)◆就職:10名静岡県立こころの医療センター八戸マナクリニックあおいクリニック静岡県こども発達センター静岡県西部児童相談所静岡県発達障害者支援センター静岡県総合教育センター静岡県スクールカウンセラー常葉学園短期大学学生相談室◆進学:1名東京大学大学院(研究生)平成22年度(修了者7名)教育3名医療7名福祉7名図平成21・22年度修了者進路◆就職:7名NTT東日本伊豆病院静岡県立こども病院メンタルクリニックダダ三重県発達障害者支援センター社会福祉法人鵜足津福祉会大阪市西成区役所静岡市社会福祉協議会59