臨床人間科学専攻とは

図臨床人間科学専攻は,保健・医療・福祉・教育・行政・NPO・市民運動などのヒューマン・サービスや社会政策の分野で,ケア・援助・支援・政策のあり方を探り実践的に活動しうる人材,すなわち,高度専門職業人の育成を目指しています。そのため,臨床人間学・臨床心理学・臨床社会学など広義の臨床人間科学の総合的な学習と研究を通じて,幅広い教養を身につけると同時に,援助実践の専門的な技能,および調査・研究の能力を養います。
 本専攻は、保健・医療・福祉・教育・行政・NPO・市民運動などのヒューマン・サービスや社会政策の分野で、ケア・援助・支援・政策のあり方を探り実践的に活動しうる高度専門職業人の育成を目指しています。そのため、臨床人間学・臨床心理学・臨床社会学など広義の臨床人間科学の総合的な学習と研究を通じて、幅広い教養を身につけると同時に、援助実践の専門的な技能及び調査・研究の能力を養います。

このような目的と課題を達成するために、本専攻では、以下のような教育方針をとっています。ヒューマン・サービスや社会政策の分野に関わる専門職業人として、現場で発生する倫理的・法的問題についての深い認識をもち、関連法規と行政・施策をふまえて、的確 に対応する力を身につけます(総合講義「対人援助の倫理と法」ほか)。

ヒューマン・サービスや社会政策の分野に関わる最前線の現場で働く専門職者の生きた体験に学びます(「学外施設実習」ほか)。 ヒューマン・サービスや社会政策の分野に関わる諸問題やそれらにアプローチする実践や対策の実態を捉え、その改善策を提案する力を涵養するため、各人の問題関心に即 した履修プログラムを作成し、エビデンスに基づく質的ないし量的な研究方法の修得をめざします(「研究法」ほか)。

なお、本専攻には3つのコースを設置し学際的なカリキュラムを提供しています。他のコースから研究指導教員を選択することも可能です。また研究主題に合わせ、副研究指導教員を置くなど、本専攻ではコースを越えた集団教育指 導体制をとっています。

2019年度静岡大学大学院人文社会科学研究科案内 

コース紹介

臨床心理学コース

広義の心理臨床に従事する高度専門職業人として,目前の課題に適切に対処する実務能力と感受性と倫理,および自らの実践の成果と効果を適切に把握し,より適切な臨床実践を提言していくための研究能力とをバランス良く兼ね備えた人材の養成をめざします。また,本コースは「臨床心理士」および「公認心理師」の養成課程にも対応しています。

臨床心理学コースにつきましては,人文社会科学部社会学科心理学教室HPにも情報がありますのでご参照ください。過去問については人文学部学務係にて閲覧可能です。受験対策についての問い合わせには一切回答できませんので悪しからずご了解ください。なお,学生生活,カリキュラム,研究指導体制等についての問い合わせにつきましては個別に対応させていただく場合がありますので,ご連絡ください。

教員から:笠井仁教授
 人はこころの中にさまざまな思いを抱くものです。ときにはその思いを自分では抱えきれずに苦しむこともあるでしょう。自分自身のことなのに自分ではどうにも思い通りにならないことがあるのも人間です。そのような人間のこころのありようを理解し、援助につなげていく学問が臨床心理学です。私はこれまで、心理相談室、精神科クリニック、緩和ケア病棟などでの心理的援助の実践を通じて、さまざまなこころのありようの一端に触れてきました。そこで感じてきているのは、人のこころには危うさとともに強さがあるということです。こころの臨床では、こちらから何かを与えるというよりも、相手のこころの快復力を信じて、回復の場づくりをしていくことが大切な仕事であると思うようになっています。どうにもしようのない状況にはこちらも大きな無力感を覚えます。それでもそこから回復の糸口をつかんでいく人間の力には、いつも新鮮な驚きを感じています。

ヒューマン・ケア学コース

人間を相手にするケア(対人援助)には,医療・看護・保健・福祉・介護・育児支援・教育などさまざまな分野がありますが,いずれの分野においても,個人の「いのち」と「こころ」の問題にとどまらず,身体・精神・社会・文化にも繋がりをもった「いのち」と「こころ」を総合的に考えることが必要となります。その意味での人間の全体性を視野に入れた「ヒューマン・ケア」のあり方を探り実践的に活動しうる高度専門職業人の育成をめざします。

看護師・保健師・福祉士・保育士・教員・社会教育主事・薬剤師・作業療法士・理学療法士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネージャー・ホームヘルパー・ボランティア活動への参加者・NPO法人関係者・地域福祉やケアの活動を企画されている方・企業の健康管理責任者・保健衛生行政担当者といった方々のリカレント教育にも,積極的に対応しています。

教員から:橋本剛教授
 ヒューマン・ケア(対人援助)にはさまざまな分野がありますが、いずれも人間同士のコミュニケーションを通じて、人々の心身の健康や幸福の維持・促進を目指しているという共通点があります。相互扶助や社会性は人間を人間たらしめている重要な特徴のひとつであり、現在のわれわれの心や社会のあり方は、助けあうことによって発展を遂げてきた人間の進化的・文化的帰結であるとも言えます。
 しかし、現代社会において、助け合いが十分に機能しているとは言い難い側面があることも否めません。なぜ、多くの人々が悩みや苦しみを抱えながらも、身近な人々にも、そして専門家にも、援助を要請することができないのでしょうか?なぜ、人々を助けるはずの対人援助の専門家との関わりが、さらに人々を苦しめることになるのでしょうか?そのような対人援助にまつわる諸問題は、助ける人、助けられる人、そしてそれを取り巻く人々の先入観や誤解によって生じている側面も多々あります。そのような先入観や誤解が構築・維持・解消されるための心理社会的なしくみを知り、よりよい対人援助を実現するために必要な知識と技能を習得するための機会を提供できればと思っています。

共生社会学コース

現代は,人と人,人と自然の共生について,深く考えなければいけない時代です。しかし,環境問題,階層間格差の問題をはじめとして,一見人と人の問題のように見えるひきこもり,不登校,出産育児,家族,ジェンダー,労働(仕事),在日外国人などの問題も,その社会的構造,制度的な背景を理解しなければ,十全な対応はできません。そこで,共生社会学コースでは,「社会調査」を武器にして,こうした問題群が生み出される社会的背景,要因について解明する能力を徹底的に磨くことによって,問題状況を改革していく実践的な糸口を見いだす力を養うことをめざします。すなわち,行政・企業・教育・福祉・NPOなどの現場で働くための高度な専門能力を身につけたい方,また現場の問題をコースの教員とともに解明したいと考えている社会人の方に応じた教育体制を整備しています。

なお,その一環として,「専門社会調査士」資格が取得できるプログラムもスタートさせました。

教員から:荻野達史教授
 私自身は、青年期の移行問題に関わる、あるいは若者たちのメンタルヘルスに関わる問題ともいえる「ひきこもり」について研究してきました。実際には、居場所や共同生活の支援、家族支援、就学・就労支援を行っている、NPO法人などによる民間支援活動のフィールドワークを続けてきました。参与観察を続け支援現場を記述すること、スタッフや青年たち、そのご家族にインタビューを行い、かれらの抱える困難や支援の意味を読み解くこと、そしてそれらを踏まえて現代社会が必要とするサポートシステムのあり方を検討すること、こうしたことが私の研究課題でした。現在は、フィールドを産業精神保健へと拡げ、労働の場におけるメンタルヘルスをめぐる諸議論・諸活動を検討し始めています。
 臨床人間科学専攻において、社会学は例えば観察やインタビューといった調査手法と、そのデータを生かす分析方法を提供する役割を担っています。また、計量的な手法も含め方法論的な蓄積をもとに、地域的な課題分析を促し、問題解決のための多様な主体からなる連携システムの構築に寄与することを実践しています。

臨床人間科学専攻で取得可能な資格

臨床心理士

近年、社会の急激な変化や複雑化に伴い、学校や職場や地域社会のなかで心理的援助サービスの必要性が高まっています。臨床人間科学専攻の臨床心理学コースでは、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する「臨床心理士」及び国家資格である「公認心理師」資格試験の受験資格の取得に必要な講義・演習・実習が開設されています。

中学校・高等学校教員専修免許

地域の教育界からの要望に応えて,社会系の教員に再教育および専修免許取得の機会を提供しています。臨床人間科学専攻では,中学校社会および高等学校公民の専修免許が取得可能です。(ただし,同教科の一種免許状をすでに取得している場合に限ります。)

専門社会調査士

共生社会学コースおよびヒューマン・ケア学コースでは,一定の科目を履修し,社会調査に基づく修士論文を提出した場合,「専門社会調査士」資格が取得できる研究指導プログラムを開設しています。「専門社会調査士」資格については,社会調査協会のホームページ(http://jasr.or.jp/)を参照して下さい。