ホーム > 資格と進路

資格と進路 Career

このページでは、文化人類学コースの学生の皆さんが在学中に取得できる資格や卒業後の進路について紹介します(なお、以下の資格については、文化人類学コースの学生の皆さんが必ず取得しなければならないわけではありません)。

教職資格
社会学科では、所定の科目を履修することで、中学校(教諭一種免許状:社会)と高等学校(教諭一種免許状:地理歴史、公民)の免許状を取得することができます。文化人類学関連の講義科目の多くは、中学校・社会と高校・公民の教職資格に関連する科目として指定されています。

社会調査士資格
社会学科では、所定の科目を履修して、社会調査協会に申請することで、社会調査士の資格を取得することができます。社会調査士とは、社会調査の基礎能力を有する専門家のことです。調査企画から報告書作成までの社会調査の全過程を学習することにより、基本的な調査方法や分析手法の妥当性、またその問題点を指摘することができます。文化人類学関連の科目では、「文化人類学調査法」と「フィールドワーク実習」が社会調査士資格に関連する科目として指定されています。

学芸員資格
社会学科では、所定の科目を履修することで、学芸員の資格を取得することができます。学芸員とは、博物館法にもとづく博物館の専門的職員のことで、博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究などに関する専門的事項を担当します。所定の科目を履修した上で、社会学科を卒業して学士の学位を修得することによって、学芸員の資格を取得できます。

就職・進学
空間、時間、テーマ、いずれの点から見ても広大な領域をカバーしている文化人類学コースでは、現代世界の諸問題を深く考え、広い視野で見渡せる能力をもった学生を世に送ってきました。また、欧米諸国だけでなく、アジア、アフリカ、ラテンアメリカなど世界の様々な国々に目を向けさせ、そうした国々の人々といかに良好な関係を構築していくかという観点から、国際性豊かな人材も数多く育成してきました。在学中・卒業後を問わず、海外に留学する学生も少なくありません。卒業生は、多方面の業種・職種で活躍しています。最近の例でいえば、県庁・市役所などの地方公務員のほか、旅行業、総合商社、出版・印刷業、製造・販売業などの業種の企業に就職している卒業生が目立ちます。また、進学先としては、静岡大学大学院、東京大学大学院、大阪大学大学院、名古屋大学大学院などがあります。

就職関連リンク集

資格・進路については、人文社会科学部のページもご覧ください。