『文化と哲学』

研究静岡大学哲学会>『文化と哲学』バックナンバー

21号(2004年11月3日発行)

第26回大会シンポジウム 「愛について」 表紙
金子 晴男 他者との出会いにおける愛の現象
山下 秀智 宗教的愛について
浅田 淳一 ルソーの社会理論の現代的意味 ―欲望の爆発は回避できるか?―
上利 博規 デリダ、写真と他者のエクリチュール

このページの先頭に戻る

22号(2005年11月3日発行)

第27回大会シンポジウム 「生命とケア」 表紙
浜渦 辰二 「ケアの人間学」と「生命ケアの比較文化論」
児玉 正幸 患者の権利―医学教育モデル・コア・カリキュラムの具体化―
松田 純 ドイツ生命政策の現在―ヒト胚政策および国家倫理委員会のあり方をめぐって
重近 啓樹 中国古代の「孝」をめぐる諸問題―奏・漢時代を中心に―
* * *
堺 正憲 「懐胎された言葉」と「生まれた言葉」―アウグスティヌス「三位一体論」第九巻についての一考察―
研究ノ―ト
志村 幸紀 "indifferentia"解釈に基づいたデカルトの意志論の探求

このページの先頭に戻る

23号(2006年11月3日発行)

第28回大会シンポジウム「ケアと語り・正義」 表紙
南山 浩二 「現実」をめぐる「共同的対話」―ナラティブセラピーの展開とその含意―
伊藤 恭彦 正義の倫理とケアの倫理―ケアの倫理が政治哲学に提起したもの―
上利 博規 デリダの芸術論と準-超越論
研究ノ―ト
上藤 美紀代 消えつつある日本語の美しい音 鼻濁音を守れ
高橋亘先生を偲んで
天岸 祥光 弔辞
金子 晴勇 高橋亘先生の思い出
前山 隆 高橋亘先生と初期静大哲学教室のこと
稲垣 不二磨 高橋亘先生の想い出
稲垣 不二磨 弔辞
竹原 創一 Ut semper victurus
芳賀 直哉 高橋亘先生の想い出

このページの先頭に戻る

24号(2007年11月3日発行)

第29回大会シンポジウム「ジェンダーと哲学」 表紙
船橋 惠子 「育児のジェンダー・ポリティクス」の後に:研究ノート
上利 博規 演じる身体とジェンダー
特別寄稿
山下 太郎 哲学秘話 何故の女性哲学者なのか
* * *
吉田 寛 ソーシャル・キャピタルと実践的倫理学
竹之内 裕文 「間」の出来事としての死―在宅ホスピスの現場から学び、考えてきたこと―
川村 晃弘 真宗における阿弥陀仏の消失―その超越者像の変遷―

このページの先頭に戻る

25号(2008年11月3日発行)

第30回シンポジウム「死生観を問い直す」 表紙
竹之内裕文 地域コミュニティに支えられた生と死―スピリチュアル・ケアの「医療化」を超えて
芳賀 直哉 死にゆく者の最終段階における希望について―トルストイ『イワン・イリッチの死』を手がかりにして―(概要)
* * *
澤田 哲生 人間の経験における平板化の現象―『知覚の現象学』におけるシュナイダー症の分析を手掛りにして―
松村 岳詩 生物教育における科学的リテラシーとしての倫理
鈴木 実佳 ジェイン・オースティンと幸福感
研究ノ―ト
ショーン・バーク 念仏を通しての自己変化

このページの先頭に戻る

26号(2009年8月31日発行)

前山 隆 静岡大学哲学創立30周年に際して 表紙
【講演】
南荘 乗宏 いのちのうた―金子みすゞの世界―
第31会大会シンポジウム「人間のこれまでと、これから―こころ、からだ、人間性への問い」
金子 晴勇 現代人間学における心身二元論と相関論
浅田 淳一 フランス人間学の系譜―心身二元論への対応という観点から―
堂囿 俊彦 自己決定の対象としての身体―カントにおける「人間の尊厳」の射程―
黒田 末寿 「人間性」という境界への問い―類人猿と通底するもの、しないもの
松田 純 サイボーグ化の先にあるもの―境界と人間像をめぐる問い

このページの先頭に戻る

27号(2010年7月31日発行)

シンポジウム いま宗教を問う 表紙
菱山 政晴 宗教の危険
菅原 伸郎 七地沈空からの脱出――宗教の他者性をめぐって
山下 秀智 精神であるとはいかなることか――キェルケゴールの考えを参考に
論文
志村 幸紀 強制され,決定されるが,それでも自由-デカルト自由論の特異性
澤田 哲生 平凡な世界における芸術と政治―メルロ=ポンティにおける散文の位相について

28号(2011年*月**日発行)

シンポジウム いまアジアから見えてくるもの 表紙
岩井 淳 世界史認識とアジアのミニ・システム――海洋史観と港市国家から考える――
楊 海英 内陸アジア遊牧文明の理論的再検討――今西錦司『遊牧論そのほか』と梅棹忠夫『文明の生態史観』の現在
上利 博規 アジアにおける文化の多層性と現代の課題――呪術的文化、批判的意識、そして連帯――
論文
水野 邦彦 韓国の過去事と社会的意識

29号(2012年7月31日発行)

シンポジウム 課題指向型の学際的研究の中で、哲学はどんな役割を果たせるか? 表紙
浜渦 辰二 応用現象学とケア論――北欧現象学との交流のなかから
松田 純 応用倫理学から具体倫理学へ――対人援助職との研究連携のなかから
論文
澤田 哲生 モーリス・メルロ=ポンティ『行動の構造』における病的現象の位相について
米原 優 危害原理と自己奴隷化契約
研究ノート
金森 誠也 マルクス・アウレリウスの自省録から

30号(2013年9月30日発行)

特別報告 表紙
竹之内 裕文 北欧ケアの社会的基盤と思想的拠り所――日本社会におけるケアの再構築のために
論文
浜渦 辰二 ケアを支えるシステムについての一考察
上利 博規 水から考える環境の文化的価値――対症療法ではない環境倫理のために――
小椋 宗一郎 ヨーロッパにおける「人格」の概念史と「人間の尊厳」――いのちの始まりをめぐる論争への思想史的視座――
研究ノート
橋本 浩和 道徳的直観のメカニズムについて

このページの先頭に戻る