『文化と哲学』

研究静岡大学哲学会>『文化と哲学』バックナンバー

31号(2014年発行)

第36回シンポジウム 災害の哲学と倫理 表紙
高橋 隆雄 基調講演 共催の思想とアミニズムの展望
藤井 基貴 提題1 災害道徳の教育――防災道徳」授業の実践と哲学教育の可能性
中村 美知太郎 提題2 災害の倫理――カタストロフへの「予防接種」と崇高な主体
特別研究報告
水野 邦彦 戦後日本の朝鮮観と社会意識
研究発表
久保田 進一 モラル・ジレンマは本当にジレンマなのか?

このページの先頭に戻る

32号(2015年発行)

第37回シンポジウム 「欧州における看取りと自己決定」 表紙
浜渦 辰二 ドイツにおける事前指示書の法制化の内実 ――自律と依存を両立させる試み
伊達 聖伸 フランスにおける終末期の自己決定とその宗教的・文化的背景
福島 智子 看取りにおける自己決定と家族――ローマでの調査から
論文
斎藤 真希 法然における悪の問題について
齋藤 美恵 「生活世界に導かれたケア」の可能性――Karin Dahlbergによる「患者中心」的アプローチへの問題提起をめぐって

このページの先頭に戻る

33号(2016年発行)

第38回大会シンポジウム 「医療における意思決定と子の福祉」 表紙
白井 千晶 卵子提供をめぐる当事者の意思決定と子の福祉
小椋 宗一郎 着床前診断をめぐる最近の議論について―ー2011年のドイツ倫理評議会答申における「同一性」概念を参考に
加藤 太喜子 「医学的無益性」と子どもの「最善の利益」
堂囿 俊彦 子の福祉と医療
論文
松尾 和光 ガンディーの「非暴力」の思想の射程――アーレントの「暴力」を手がかりに
米原 優 経験機械で快楽説をやっつけられるのか

このページの先頭に戻る

34号(2017年発行)

第39回大会シンポジウム 「哲学的対話の可能性を問うー二つの実践を手がかりにー」 表紙
小柳 敦史 哲学カフェはどのような意味で哲学的なのか-「哲学カフェ@しぞ~か」の実践から考える
山田 圭一 学校教育における哲学対話の意義と位置づけについて
田中 伸司 哲学における対話の意味
論文
藤本 穣彦 アンソニー・ギデンズの親密性論―「自律」を支える親密なコミュニケーション―
研究ノート
松井 希 「蒐集家」と「夢の世界」―ベンヤミンの記述からみる蒐集の性質―

このページの先頭に戻る

35号(2018年発行)

第40回大会シンポジウム 「情報技術の展開と哲学」 表紙
根村 直美 〈人間〉の終焉とポスト・ヒューマンーー〈クリティカルなポスト・ヒューマニズム〉をめぐってーー
論文
松原 英治 現代日本の都市自治体における地域コミュニティ改革の意味ーー北九州市における包括的地域経営主体の創出に注目してーー
米原 優 死者への危害はなぜ許されないのか
澤田 哲生 自己認識と対人関係の始まりについての現象学的考察ーーメルロ=ポンティ「幼児の対人関係」講義における情動性を手がかりとして