静岡大学 人文社会科学部 心理学研究室

Q&A

心理学コース(学部)に進学したいのですが
心理学コースへ進学するには、基本的に「大学入試→静岡大学人文社会科学部社会学科へ入学→1年次コース希望調査→2年進学時に面接を経て心理学コースへ」というプロセスを経ます。 また、「静岡大学の他学部・他学科に所属→転学部・転学科試験→2年もしくは3年へ転入」もしくは「他大学に所属→3年次編入学試験→3年へ編入」というルートもあります。ただし、転学部・転学科試験と3年次編入試験の募集はいずれも若干名です。
臨床人間科学専攻(大学院)に進学したいのですが
臨床人間科学専攻へ進学するには、年1回実施される大学院入試(現在の実施時期:10月上旬)を受験してください。
心理学コースへの編入試験や転学部試験/臨床人間科学専攻への大学院入試にむけて、どのような勉強をすればよいでしょうか
まず3年次編入(もしくは転学部・転学科)試験では、「心理学コース2年生と同等以上の学力を有するか」を問いますので、基本的には2年生までに受講する科目のシラバスを参照して、それに沿った勉強をしていただければよいと思います。シラバスは、静岡大学の全学ウェブサイトにおけるシラバス検索から、人文社会科学部、社会学科を選択して、その中の心理学関連科目を参照して下さい。ただし、授業で扱えることは非常に限られており、それ以外にも積極的に知識を得ようとする姿勢が望まれるでしょう。ちなみに、心理学コース(学部)では心理学全般に関する基礎的素養を習得することを教育目標としており、臨床心理学に関して専門的に勉強するためには、大学院へ進学することが必要なので、その点ご了解下さい。
また、大学院入試では、「心理学コース卒業生と同等以上の学力を有するか」が基本的な基準になります。特に臨床心理学を専門的に学ぶためには、心理学をはじめとする幅広い領域の知識と関心を持っていることが望まれます。さらに、本学の大学院では、心理臨床の技術の修得だけに特化した教育は行っておらず、人間科学の実践と研究の幅広い知識と技能を身につけることを目指していますので、そのような志向性をもっている方が好ましいでしょう。

PAGE TOP