静岡大学 人文社会科学部 心理学研究室

スタッフ紹介

心理学研究室には、7人の専任教員が所属しています。

笠井 仁 教授

担当科目
(学部)臨床心理学、人格心理学、心理学実験実習
(大学院)臨床心理学特論、臨床心理学購読演習
主な関心領域
催眠,自律訓練法,イメージ諸技法の実践的な検討とともに,イメージ体験についての基礎的な検討を行ってきた。また,痛みのコントロールからの関連で,緩和ケアにおいて患者,家族,スタッフに対する心理的援助に関する実践的な検討に取り組んでいる。心理療法における力動的アプローチ、心理療法の歴史的展開についての跡づけも関心領域となっている。

幸田 るみ子 教授

担当科目
(学部)神経心理学、グループ・アプローチ実習
(大学院)精神医学特論、グループ・アプローチ演習
主な関心領域
身体疾患を持つ患者の精神的援助を行うリエゾン精神医学を中心に取り組んできた。特に、脳卒中後のうつ病や緩和ケアにおける患者、家族、医療スタッフの心理的援助に関わる実践的研究。うつ病に対する認知行動療法、自律訓練法、の実践的な検討。主に成人期から高齢者を対象に取り組んでいる。
また東洋医学(主に漢方医学)にも興味があり、がん患者、高齢者、更年期障害における漢方治療に取り組んでいる。

江口 昌克 教授

担当科目
(学部)臨床心理学、臨床社会心理学
(大学院)コミュニティ・アプローチ特論、臨床心理面接特論、臨床心理面接演習
主な関心領域
コミュニティ心理学,健康心理学の立場から,コミュニティヘルスの向上に資するネットワークシステムとプログラム開発が主要テーマ。これに併行し,精神障害者の雇用と地域生活支援の課題について継続的に取り組んでいる(現在静岡県内でフィールド開拓中)。現代社会の附託に応え,組織や地域社会にコミットできる臨床心理士の職業能力育成もライフワークである。

田辺 肇 教授

担当科目
(学部)人格心理学、異常心理学、臨床心理学演習
(大学院)臨床心理学論、臨床心理学講読演習
主な関心領域
意識・記憶・自己・現実感・意味感の異常現象に焦点を当てることで、病態心理と一般心理をともに視野に入れた人間理解の枠組みの中に、人格と体験の成立を実証的に捉えようと している。最近は、児童虐待や心的外傷体験との関連でも注目され、多重人格やPTSDの症候理解の鍵概念である「解離」の問題を中心に検討を行っている。実践面では、個人のみならず集団や地域へのアプローチを含めた、心理臨床と精神保健福祉の活動に取り組んでいる。さらに、心理臨床における理論の位置づけや、臨床的 ・科学的認識のあり方についての批判的検討を行い、学問的・臨床的実践の枠組みに焦点を当てようと考えている。

橋本 剛 教授

担当科目
(学部)社会心理学、臨床社会心理学、社会心理学演習
(大学院)臨床社会心理学演習、量的調査演習
主な関心領域
身近な対人関係における支え合いと傷つけ合いの二面性をテーマとしています。どのような対人関係が個人の心身の健康を促進・維持・阻害するのか、そしてなぜそのような対人関係や対人的相互作用が生じたり生じなかったりするのか、ということに興味を持っています。
たとえば、助け合いは良いことなのになぜ「助けて」と言えないのかといった援助要請にまつわる研究、相手を傷つけないようにすることがかえって自分を傷つけるという対人ストレス研究、愛するがゆえにお互いが傷つく片思い研究など、さまざまな矛盾的要素を持った人間関係について日々模索しています。

畠垣 智恵 准教授

担当科目
(学部)発達心理学、発達臨床心理学
(大学院)臨床心理査定演習、臨床心理査定特論
主な関心領域
主に幼児期から学童期の子どもの発達障害(広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、知的障害)や情緒障害に関心をもっています。お子さんやその家族に対して、1対1やグループ活動を通してどのような支援ができるかを具体的に考え、地域の学校や病院、大学の相談室などで実践をしてきました。また、その支援の効果について研究しています。幼児期から学童期、思春期の子どもの発達や心の状態や気持ちを理解する方法として、質問紙法以外にも投影法(ロールシャッハ法、描画法、SCT法など)による接近に興味をもっています。

吉田 加代子 講師

担当科目
(大学院)臨床心理面接特論、臨床心理面接演習
主な関心領域
研究では、青年期の個-関係のバランスが気になっています。Winnicottの提唱した『ひとりでいられる能力』、つまり「一人でいると寂しいけどなんとか耐えられる」「誰かといる時も、自分のペースでいられる」という、両方の力が育つためには何があればよいか?それを知ることができればと、研究を進めています。
臨床では、精神分析学派、特に対象関係論学派の考え方や技法に心惹かれて、その実践のために研鑽を積んでいます。心理検査は、ロールシャッハ法を名大法で学んできました。形式分析が大切なことはもちろんですが、図版全体の流れを通じて個人の心の動きを理解していく継列分析は、ロールシャッハの奥深さを2倍にも3倍にも感じさせてくれるものと思っています。

PAGE TOP