学生による発表会開催のお知らせ
- <生きた知>の発見 地域社会を歩き学ぶ -

  社会学科では、平成16年度から、社会学科1年生を対象とした専門科目として、フィールドワーク教育をスタート致しました。この授業では、それぞれのグループが、実際に地域を歩き、調べたり、資料などの検討を行いながら、課題にとりくみました。本年度も、各グループのフィールドワークの成果を、多くの方々にご覧いただきたく、公開プレゼンテーションを企画致しました。当日は、参加者の投票で、各発表の中から、テーマ賞、リサーチ賞、プレゼン賞を決定します。お忙しいところ誠に恐縮ですが、是非ともご参加下さいますよう宜しくお願い致します。

 200612月    静岡大学人文学部社会学科

日時   2007年1月23日(火)・30日(火) 両日とも午後2時25分開会 
場所   両日とも共通教育棟B棟 B301教室(地図参照) 
内容   各グループによるフィールドワーク報告(プログラム参照) 
備考   どなたでもご参加いただけます

 

2007年1月23日(火) プレゼンテーション(報告題目は仮題)
予定時刻 報告者名 報告テーマ(仮題)

2時30分
2時40分
2時50分
3時00分
3時10分
3時20分
3時30分
3時40分
3時50分
4時00分
4時10分

上山直子・大窪みよ・石田えり・山中春香
芹澤千恵・佐藤朝子・後藤美咲
原美春・吉本理恵・安本昇平
大森基予子・田中美佐乃・丸茂麻衣・村瀬綾
岡埜谷雄心・高橋咲穂・矢内桂子
福田満理子・飯塚淳・須崎圭人・袴田哲靖

東裕貴・遠藤寛生・野村栄介
川口淳・国領晃・角替友美・野田早有香・宮城島恒美
北川実由司・木村真人・諏訪部悠・古澤健一・真鍋一生
小杉太一郎・田嶋泰果・野中聖子・井手沙織
伊藤加奈・大月貴博・土屋藍・吉本優子

地域に発信する美術館
伝統工芸:現在との関わり
七間町映画館街:その盛衰を辿る
総合学習:動物園ガイドを通した学び
地域と学校、ともに手をつないだ水見色小の運動会
静岡おでんとは何か:静岡の郷土食
河童と沼の婆さん伝説:静岡市における水の伝承
静岡の戦争を考える:静岡の町を歩いて
古墳に見る遺跡の保存と今後の課題
家族を語る
高齢者から見る世代間交流:同世代交流と比較して

 

2007年1月30日(火) プレゼンテーション(報告題目は仮題)
予定時刻 報告者名 報告テーマ(仮題)

2時30分
2時40分
2時50分
3時00分
3時10分
3時20分
3時30分

3時40分

3時50分

4時00分

橋詰彩佳・望月惟・糠谷初美
滝井里枝・錦織たまみ・藤原亜希子
金子直美・高山梨沙・森岡雅人
三上沙友希・飯泉智美・オウ シンヨ・梁美男
島崎裕太・伊東泰孝・梅垣翔太・友繁浩史・渡邊聡一郎
望月綾乃・斉藤公敬・早川祐
小川えり・杉山雄哉・竹下喜郎

清水裕亮・鈴木志歩・鈴木結香

足立晴香・岩田香織・杉山裕子・明石寛

大石奈穂・斉藤望実・鈴木祥丈・望月あずさ

神道の認識
山城にみる静岡の戦国
大道芸人の素顔:楽しさの裏側
理想の学校像:学校における地域の不可欠性
子どもの遊びと地域社会:子どもは遊んでいるのか
ネコミュニティ:静岡の地域猫運動
静岡における城郭の保存:丸子城と小島陣屋を調査・比較して
静岡市霊山寺における重要文化財の保存問題:アンパンマンの秘密
登呂博物館の改装:登呂博物館のリニューアルとそれに関する考察
成人から見た“いじめ”:教育現場に何を求めるか