コース別履修モデル

コース別履修モデルでは、各コースの学生の、入学から卒業までの平均的な履修モデルを示しています。履修科目を考える際の参考にしてください。
各種教員免許や学芸員、社会調査士、認定心理士などの資格を取るかどうかによって履修モデルは変わります。

  • 大学の授業の単位は1コマ(90分)です。
  • 静岡大学では、1コマ(8:40)~5コマ(~17:35)まであります。
  • たくさんある科目の中から卒業に必要な科目と、自分の取りたい科目を選んで時間割を組みます。
  • 社会学科の学生は、全学の学生向けに開講される「全学共通科目」と、人文社会科学部が開講する「人文社会科学部専門科目」を履修します。他学部の科目も、科目によっては履修が可能で、一定の単位までは卒業単位としても認められます。
  • 社会学科の開講科目には、基本的に教員が話す形式の「講義」と、学生の発表を基本とする「演習」、具体的な作業を伴う「実習」があります。「講義」科目は、コースに関わらず社会学科や他学科、他学部の学生に開かれていますが、「演習」と「実習」は基本的に社会学科の学生が対象です。

人間学コース履修モデル

社会学コース履修モデル

心理学コース履修モデル

文化人類学コース履修モデル

歴史学コース履修モデル