歴史学コースの教育

現代と過去との対話

生の史料から歴史を読み解く

歴史学は、現代の日本や世界の諸問題を、過去との対話を通じて見つめなおし、また過去から現代のあり方を問うものです。現代では世界の一体化が益々進んでおり、幅広い視野と各分野に関する専門知識の習得が求められています。歴史学コースでは2年次まで歴史上の諸問題について幅広く学び、3・4年次以降は教育分野として、日本史、世界史、考古学を置き、専門と総合を合わせた教育が行われます。近年では従来からの政治史、社会経済史などと共に、環境、福祉、家族など多様なテーマが歴史学の対象として検討されています。
「歴史を学ぶ」ということは、解釈された歴史を覚えることのみではなく、人類が文字や絵画、伝承、物質文化として遺した営みに直接触れ、体で感じ、考えることだと思います。したがって、歴史学コースでは、授業を通して、生の資料から歴史を読み解く「実証」の基礎学力を養うことやフィールドワークを重視しています。
こうしたたくさんの実体験の中で自由に自分のテーマを見つけだし、学生生活の集大成として卒業論文を書き上げるというのが、歴史学コースの学生生活です。あなたも、生の史料との直接の対話法を身につけ、歴史を体で感じてみませんか。
なお、歴史学コースの活動の詳細については、下記のホームページに掲載してありますので、ぜひご覧ください。 http://www.hss.shizuoka.ac.jp/shakai/history/

 

大学で学ぶ歴史とは?-このページを開いてくれた人へ-

藤井 真生教授

(ヨーロッパ中世史)

このページを開いて、この文章を読んでいるみなさんは、そもそも歴史に関心のある人でしょうか? それともページを開いたのは偶然にすぎず、なんとなく目を走らせているだけでしょうか?
高校までの歴史の授業を楽しいと感じている人。それは歴史上の人物に興味があるから、先生の授業が楽しいから、それとも暗記が得意で高得点を採れるから? 人それそれぞれに理由はあると思いますが、大学では「歴史」に対するイメージをいったんリセットしてください。歴史学の研究は偉人の伝記を書くことでも、たくさんの知識を楽しく「与えてもらう」ことでも、ただただ知識を詰め込むことでもありません。そうではなく、身につけた知識を活用して自分自身でテーマを選択し、歴史学の手法にしたがって深く掘り下げていく行為です。そう、知るのではなく「考える」作業が、その前提として学びの「主体性」が必要となるのです。
これまで歴史に関心のなかった人。あなたは現代社会の問題に関心はありますか? 異文化への興味はどうでしょうか?歴史学は、現代社会の成り立ちを過去にさかのぼって考える学問であり、異なる時代と地域の文化を理解する学問でもあります。あなたの学問的興味は、実は歴史学の手法で充たされるかもしれません。
この文章に目を通してくれた人。せっかくの縁です。大学でともに歴史を学んでみませんか? 「主体的」に「考え」て調査し、分析し、発表し、論文を執筆するその先に、確かな成長があることを請け負います。

 

「歴史学コースで学んで」

岩田 歩さん

2015年度卒業生
倉石市教育委員会

歴史学コースで考古学を専攻し、大学院社会科学研究科を経て、現在は倉吉市教育委員会文化財課に勤務しています。
考古学は残された「モノ」から過去の社会や生活を復元する学問です。大学では講義で基本的な知識を学ぶほか、ゼミで研究の組み立て方や論理的、実証的な考え方を学ぶことが出来ます。さらに本物の土器をつかった実習や、復元実験、発掘調査など、考古学を研究するために必要となる知識・技術を幅広く身に付けることができました。
また静大では他分野との垣根が低く、興味があれば日本史や世界史の講義やゼミ、実習に参加することができます。考古学を含め先生方の授業は知的好奇心を刺激するしかけが多く用意してあり、いままで興味をもたなかった分野にものめりこんでいきました。仕事では発掘調査から仏像や古文書の調査、民俗芸能分野など業務は多岐にわたります。大学・大学院で培った調べる技術や論理的思考、知的好奇心は仕事の幅と楽しさを広げるきっかけとなっています。