静岡哲学会

研究>静岡哲学会

静岡哲学会について

静岡哲学会は、静岡大学人文学部教官、元文理・人文学部教官、静岡大学人文学部社会学科人間学コース(その前身の社会思想コース、その前身の人文学科哲学・心理学専攻、その前身の人文学科哲学専攻)の卒業生、並びに本会の目的および事業に賛同する者を会員とする学会です。毎年11月3日(文化の日)に大会および総会を開催しています。

このページの先頭に戻る

入会のご案内

静岡大学では、学会員の方々を募集しております。研究者だけではなく、哲学に関心のある市民の方々の入会も受け付けております。入会を希望される方は、入会申込フォームへの入力をお願いいたします。
入会申込フォーム:https://goo.gl/rhCJMK

このページの先頭に戻る

会則

制定 平成26年11月3日

第一条 (名称および目的)本会は静岡哲学会と称し、会員相互の研鑽と親睦を図ることを目的とする。

第二条 (事務局)所在地を静岡県静岡市駿河区大谷836 静岡大学人文社会科学部人間学研究室とする。

第三条 (事業)本会は次の事業を行う。
 一.会報、機関紙の発行。
 二.研究会、講演会、親睦会の開催。
 三.その他必要と認める事項。

第四条 (会員)本会の目的および事業に賛同する者は会員となることができる。会員は会費年額2000円を納入するものとする。学生会費は会費年額1000円を納入するものとする。

第五条 (役員)本会に次の役員をおく。役員は総会において会員の中から互選される。
 会長 一名。 本会を代表し、会務を総理する。
 理事 若干名。会長と共に重要事項を審議し、会務を執行する。
 監事 二名。 本会の会計および会務の執行を監督する。
 役員の任期は二ヶ年とする。ただし重任を防げない。

第六条 (経費)本会の経費は、会費および寄付金でもってあてる。

第七条 (総会)総会は毎年1回開き、会務・会計の報告、役員の選出を行い、その他必要な事項について協議する。会則の変更は総会にはからなければならない。

付 則 この会則は平成26年11月3日より実施

このページの先頭に戻る

総会・大会

秋冷の候,会員の皆様におかれましては,お変わりなく益々御研鑽のことと拝察申し上げます。

さて,静岡哲学会第39回大会を下記の要領で開催致します。なにとぞ御参会下さいますよう御案内申し上げます。


静岡哲学会事務局

日時 2016年11月3日(木)文化の日 10時30分~17時00分
会場 静岡コンベンションアーツセンター(グランシップ)904会議室(〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4)
プログラム
発表要旨PDFファイル
開場(10:00)
研究発表(午前の部:10:30-12:10)
ベンヤミンにおける蒐集の弁証法
松井 希(千葉大学大学院人文社会科学研究科博士前期課程)
初期柳宗悦の「創作」観
樫田 那美紀(大阪大学大学院文学研究科博士前期課程)
昼休み(12:10-13:10)この間に理事会を開催します。
研究発表(午後の部:13:10-14:00)
アンソニー・ギデンズの親密性論
藤本 穣彦(静岡大学農学部)
司会:斎藤 真希(静岡大学人文社会科学部)
シンポジウム(14:10-17:00)
哲学的対話の可能性を問う―二つの実践を手がかりに―
提題(14:10-15:30)
司会:堂囿俊彦(人文社会科学部)
哲学カフェで「対話」をするのはなぜか
 ―「哲学カフェ@しぞ~か」の実践から考える―
小柳 敦史(沼津工業高等専門学校
学校教育における哲学対話の意義と位置づけについて
山田 圭一(千葉大学人文社会科学研究科)
哲学における対話の意味
田中 伸司(静岡大学人文社会科学部)
休憩(15:30-15:40)
特定質問(15:40-15:50)
司会:堂囿俊彦(人文社会科学部)
吉田 寛(静岡大学情報学部)
國弘 彩(哲学カフェ@しぞ~か)
ディスカッション(15:50-17:00)
ファシリテーター:竹之内 裕文(静岡大学農学部)
総会(17:00-17:30)
懇親会(17:30-19:30):オアシス(グランシップ内レストラン)
  • 会員の方へ
    • お昼は弁当(800円)を申し込むか,ご自身でご用意下さい。当日学内には食事できる施設がありません。
    • 学会員宛に送付されているはがきに出欠等を記し,10月25日(火)までに御返送下さい。
    • 電子メールをお使いいただける方は,次のアドレス宛に,今大会の出欠,懇親会の出欠,弁当希望の有無,住所変更などを,同じく10月27日(木)までにお知らせください。
      静岡哲学会事務局メールアドレス:shizuoka.philosophical.society[アットマーク]gmail.com
    • 学会費を同封の振込用紙にて,または当日会場受付にて納入をお願い致します。 会費を5年以上滞納されている方には,『文化と哲学』の送付を見合わせて頂いておりますので,ご了承ください。
    • 本会運営についての御意見・御希望がございましたら,同封のはがきの余白に,または,電子メールでお寄せ下さい。
  • 会員以外の方へ
    • 会員以外の方でも大会にはご参加いただけます。事前登録は不要です。疑問点などあれば、 shizuoka.philosophical.society[アットマーク]gmail.com までお問い合わせ下さい。

このページの先頭に戻る

『文化と哲学』

第38回大会シンポジウム 「医療における意思決定と子の福祉」 表紙
白井 千晶 卵子提供をめぐる当事者の意思決定と子の福祉
小椋 宗一郎 着床前診断をめぐる最近の議論について―ー2011年のドイツ倫理評議会答申における「同一性」概念を参考に
加藤 太喜子 「医学的無益性」と子どもの「最善の利益」
堂囿 俊彦 子の福祉と医療
論文
松尾 和光 ガンディーの「非暴力」の思想の射程――アーレントの「暴力」を手がかりに
米原 優 経験機械で快楽説をやっつけられるのか
バックナンバー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

このページの先頭に戻る