心理学コース 履修モデル

心理学コースに進んだHくんの履修モデル

将来は大学院に進学して、臨床心理士の資格取得をめざそうと考えている。学部では認定心理士の資格を取得する。

学年 全学共通科目 人文社会科学部専門科目
1年前期 英語
英語
新入生セミナー
健康体育 I
初修外国語
初修外国語
情報処理
人間学概論
社会学概論
心理学概論
文化人類学概論
歴史学概論
概論は全部とることが推奨される。
コース選択の重要な手がかりだ。
情報処理と新入生セミナーも履修することになっている。
初修外国語は何を選んでもよいようだ。
1年夏休み 統計・データ解析 I 社会調査士関連の科目だが、心理進学の人にも必須。
1年後期 英語
英語
初修外国語
初修外国語
個別分野科目
健康体育 II
学部共通専門科目
フィールドワーク基礎演習
哲学概論
社会調査
基礎心理学
健康維持のために体育もとる。
個別分野科目は日本国憲法か理系の教養科目をとる。
文系の教養科目は学部共通専門科目から選ぶ。
心理学進学を検討する人は基礎心理学の履修は必須。
2年前期 実用英語
個別分野科目
学部共通専門科目
発達心理学 I
人格心理学 I
社会心理学 I
グループアプローチ実習 I
発達臨床心理学演習 Ⅰ
自由科目
自由科目として、他学部や他学科の科目もとれる。
心理学の専門科目の履修が多くなる。
心理学コースでは、研究法の実習がコア科目になる。研究実習では週に2回あつまってインタビューや統計処理の実習をする。
グループアプローチ実習は、出会いのグループ体験だ。
2年夏休み 発達心理学 II 他大学の先生が夏休みに4日間の集中講義にくる。
2年後期 実用英語個別分野科目
学際科目
学部共通専門科目
社会心理学 II
臨床心理学 II
社会心理学演習 I
臨床心理学演習 I
心理学実験実習 I
統計・データ解析 II
自由科目
学際科目はおもしろそうな科目を選べばいいらしい。
個別分野科目で心理学と関連の深い生物学を選んだ。
3年前期 学際科目 学部共通専門科目
人格心理学 Ⅱ
異常心理学 Ⅱ
発達臨床心理学 I
ジェンダーの社会学
発達臨床心理学演習 II
研究演習 I (研究指導ゼミ)
心理学研究法 II
自由科目
3年になるとほとんどが専門科目。
研究法の実習の内容が本格的なものとなる。
演習では担当と発表。論文と格闘する。
研究指導ゼミが始まる。
3年夏休み 認知心理学 他大学の先生が夏休みに4日間の集中講義にくる。
3年後期 神経心理学
臨床心理学 I
臨床社会心理学 I
家族社会学
社会心理学演習 II
臨床心理学演習 II
研究演習 II (研究指導ゼミ)
心理学実験実習 II
自由科目
神経心理学は、脳や神経の話が中心。
臨床に関連する他コースの科目も履修して幅を広げる。
研究指導ゼミや演習で自ら発表する機会が増える。
4年前期 ケアの社会学
異常心理学 I
卒業演習 I
自由科目
大学院の受験勉強も本格化。仲間と一緒に勉強会。
卒業論文のための調査と実験が生活の一部になる。
4年夏休み 発達臨床心理学 II 大学院の入試も予定に入り始める。
他大学の先生が夏休みに4日間の集中講義にくる。
4年後期 福祉社会学
臨床社会心理学 II
卒業演習 II (卒業論文)
大学院は無事合格することが出来た。あとは卒業論文に全力投球。卒業論文は連日深夜まで仲間と一緒にパソコン室で分析と執筆。

1年生前期
ガイダンスでくばられた大量の資料をみながら、大学というところは何をどのように学ぶのかも自分で決めていくのだなと改めて思い知らされる。
でも、社会学科の歓迎会や新入生セミナーに参加して、親身になってくれる先生や友達もいて、何もかも一人というわけではないことも実感できた。
前期は選択必修の概論をとるため(できるだけ全部とるように助言された)、選択の余地はほとんど無い。初修外国語(第二外国語)を何にするかなぁ。
サークルは、授業のほとんど無い木曜の午後に活動するところが多いみたいだ。
夏休みの集中講義で、社会調査士関連の科目が開講される。これは統計の基礎を学ぶ科目で、社会調査士関連の科目だが、統計は心理でも不可欠なので、とっておく方がよい。

1年生後期
心理学に進学する人は基礎心理学を履修しておく。まだ心理学に決めたわけではないが、判断する手がかりとしても重要。履修はマスト。
社会学科の目玉科目のフィールドワーク基礎演習はおもしろいけど大変。発表会に向けて、下宿に集まったりした。ノートPCが大学のWiFiでネットにつながるのは課題をするとき助かった。
12月には、学生研究発表会で、いろんなコースの先輩たちの発表を聴いた。研究テーマを決めて調べ、その成果をプレゼンするのはどのコースも共通だ。そのあと、コース説明会があった。人間学や社会学もおもしろそうで迷う。

2年生前期
コース決定面接が4月上旬にあり、先生方と相談しながら最終決定をする。心理学コースに決定。同じコースの仲間が15名程度。先輩に院生がたくさん居る。
実際に授業が始まると、コース決定面接でいわれていたとおり、統計処理や英語論文講読などの実習・演習の科目については、慣れない統計用語や心理学の英語を理解することや授業時間外に集まって準備をすることもあり、なかなかハードだ。院生に手伝ってもらいながら班で集まって課題に取り組むことが多い。
また、先輩の発表を見る機会が多くなる。3年になったら自分がそれをすることになるのかと思うととても不安になる。あと1年であんなになれるのだろうか。自己学習にも力が入る。
サークルとの両立はできるが、ハードなサークルだと両立は体力勝負。
5月にある懇親会で、一気に先輩や先生たちとの距離が縮まる。勉強、進路など、いろんなことで相談にのってもらえる。
2年になって少し勉強のペースもわかってきたし、進路について考えるためにも、広い視野をえるつもりで、法学科や経済学科の科目も履修してみた。世界が広がる。

2年生後期
研究法実習や論文講読の勉強が本格化する。心理学コースは、ハードで充実したコースだ。そして、先輩との交流も密で、充実している。3年になると、卒論指導を受ける研究指導ゼミ(指導教員)を選ぶことになる。どのゼミに入るのか、同級生や先輩と話すことが増えてくる。

3年生前期
研究指導ゼミが始まる。まだ、自分はテーマ探しの段階だが、4年の先輩が研究指導を受けている様子に、勉強しないといけないことがたくさんあることを実感。
将来臨床心理士を目指すために進学しようと思っているが、先輩にはそういうことも真剣に相談に乗ってもらえる。もちろん、楽しい懇親会やゼミ合宿もある。
英語論文などの論文と格闘する演習科目の発表担当がつぎつぎまわってくる。大変だ。
関心のある他コースの専門科目も履修してみる。とても刺激的で勉強になる。

3年生後期
研究指導ゼミでは、研究計画をたてるなど、卒論に向けて、とうとう自分もアクションを起こすのだと実感する。4年生の卒論発表会は感動的だった。自分も来年はあそこに立つんだ。

4年生前期
単位は足りているけど、自分のテーマに関係のある、他のコースの授業を受講した。心理学とは違う視点が学べてとても刺激になる。
5月には卒論の研究の途中経過について、中間発表会がある。予備調査の分析が間に合うか大わらわ。毎日夜遅くまで、パソコン室にこもる。ゼミの指導も長時間に及ぶ。
でも、同じゼミの仲間や、パソコン室や図書室で一緒に課題に取り組んでいるほかのゼミの仲間と苦労を分かち合うのは濃い時間だ。

4年生後期
後期が始まった直後に大学院の入試があった。さらに10月には、卒論の中間口頭試問がある。それまでに、データをまとめて分析のめどをつけないといけない。
口頭試問をパスすると、11月に題目を提出し、12月中に卒論をいったん書き上がるよう求められる。いつもラストスパートの気分だ。
なんとか形にして提出すると、こんどは「だめだし」の指導。年末年始は、指摘された点に対して、分析のし直し、書き直しをする。結構つらいが、見直してみると、論文がぐっとよくなっている。
年明けには卒論を学務係に提出する。一息つくまもなく、2月にある最終試験、発表会の準備のプレゼン資料の作成に追われる。
卒論発表会の日、晴れ舞台なので、皆服装も気合いが入っている。
進学先も決まり、最後の春休みで羽を伸ばす。コースの友達やサークルの友達と卒業旅行に行くことにした。
卒業式の後の謝恩会では、仲間や先生への感謝の気持ちがこみ上げてくる。ありがとうございました。そして、これからも、よろしくお願いします。